性病を悩まず治す

性病にもしかかってしまったら、もちろん病院に行くのが一番ですがなんだか恥ずかしいですよね。症状病名が分かるのであれば自宅で治すためのお薬を買ってこっそり治しましょう。

性病はピンポン感染が怖い

性病においてよく危険だと言われているのがピンポン感染とよばれる物です。これは、例えば親しい間にある男女がそれぞれ同じ感染症に罹った場合に男性だけが治療しても、女性が治さなかった場合も男性もまた感染してしまう事を言います。潜伏期間が長い疾患や、自覚症状が少ない病気であると特に危険で治さないまま慢性化する可能性があり、病気が完治できない事になる事があります。
さて、そのようなピンポン感染、なぜ性病で特に怖いのかといえば、性病の感染形式にあります。性行為だけでなく、傷ついた粘膜などを汚染された手やタオルで触れるだけでも感染してしまうリスクが有ります。そのため、カップルの間だけでなく、友人たちにも広まってしまう事は珍しくありません。また、片方が一度治療しても、相手が治療できてない場合は治らないため、いつまでたっても同じ疾患に悩まされる事になります。
特に性病は、症状が軽度なものであればそれ自体は問題ないのですが、仮に他のウイルスが身体に入ってきた場合、感染リスクが非常に上がってしまうという事もあります。クラミジアや淋病であれば早期の治療で問題を取り除くことが出来ますが治療中にHIVウイルスなどが侵入すると簡単に罹ってしまうようになっていますので、必ず治療が必要です。
ピンポン感染が起こりやすい性病だからこそ、パートナーに対しても適切な予防行動をとらせる事が大切です。先に述べた例では男性が治療に行っている事を想定していますが、原因となるのは主に男性が多いのが性病です。女性が主体的なコントロールが難しい性病予防ですが、しっかりとコンドームを付けさせて、通院させる事が重要ですので、お互いの身体を大切にするためにも通院、治療を徹底するようにしましょう。

■女性のカンジダにはエンペシド膣錠が効果的