性病にもしかかってしまったら、もちろん病院に行くのが一番ですがなんだか恥ずかしいですよね。症状病名が分かるのであれば自宅で治すためのお薬を買ってこっそり治しましょう。

バンコクで性病や毛じらみに感染したら

海外旅行でハメを外してしまうのは、誰にでも有り得ることでしょう。それを目的に旅行する人も少なくありません。しかし性病や毛じらみなど、ありがたくないお土産を貰って帰るのは避けたいものです。もちろん日本だから絶対安全だとは言えませんが、HIVの感染率が日本とは比較にならないほど高い地域は数多くあります。また旅先では気分が開放的になり、コンドームなどの予防措置をつい怠ってしまうこともあるでしょう。性病をうつされても自己責任ですから、十分すぎるほど注意しなければなりません。
日本人に人気の高い観光地のひとつにバンコクがあります。バンコクでも正式に許可を受けた風俗店では、性病検査が義務付けられています。一般に高級店ほど性病には厳しく対処していると言われています。しかしカラオケやゴーゴーバー、ストリートには危機意識のない女性も多く、もちろん検査を受けていないのが普通なので、感染する危険は大きいと言えます。バンコクに限らず、フリーランスの女性と遊ぶ場合には、それなりの心構えが必要です。
性病とともに問題になるのが毛じらみです。毛じらみは陰毛だけでなく、毛のあるところならどこにでも住みつきます。配偶者や子供に感染させては大変ですから、発見したら速やかに処置しなければなりません。
海外旅行から帰国した後、もし思い当たる節があったら、できるだけ早めに性病検査を受けることをお勧めします。誰にも知られたくないという人には、HIVをはじめ梅毒・B型肝炎・クラミジアなどの検査が自宅でできるキットも販売されています。そして異常を示す兆候があれば、自分自身のためにも家族のためにも、ためらわず専門医を受診しましょう。