性病にもしかかってしまったら、もちろん病院に行くのが一番ですがなんだか恥ずかしいですよね。症状病名が分かるのであれば自宅で治すためのお薬を買ってこっそり治しましょう。

性病の種類と腫瘤摘出術、そして薬通販のAID

性病は性行為により感染する病気の症状で、現在では「性感染症」と呼ばれています。性病はその多くが比較的症状が軽いため、エイズ以外の病気の場合、警戒心が薄れている傾向があります。しかし、10代から20代の若い世代に性病は増加していますし、性行為の多様化により、性器だけでなく口腔などにも感染部位が広がっています。
性病には性器クラミジア感染症や淋病、カンジダ症、膣トリコモナス症、梅毒などがあります。これらの多くは自覚症状がなく、潜伏期間が長いことが多いので、注意が必要です。さらに性病に感染している人は一つだけでなく、複数の病気に感染している可能性が高いです。そのため、不特定多数のパートナーを持たず、コンドームを着用するなどの予防を心がけることが大切です。
性病は深刻な場合は腫瘤摘出術が必要になる場合もあります。腫瘤摘出術は乳がんの治療で行われることが多いですが、卵巣腫瘍の摘出にも使われる方法です。卵巣腫瘍は子宮内膜症から始まります。子宮内膜症は子宮の中になるはずの内膜が卵巣などに散らばることで、月経痛や生理痛を引き起こす病気です。子宮内膜症が卵巣腫瘍に移行すると、日本ではまず薬物治療が行われ、その後に腫瘤摘出術が行われますが、欧米ではその順序は逆なのだそうです。手術後は低用量のピルで偽妊娠状態にする方法とホルモン剤で偽閉経状態にする方法があります。
このように性病が深刻になっていない場合は、まずは産婦人科への受診が勧められていますが、治療薬を薬通販のAIDで購入して自宅で治療する方法もあります。薬通販のAIDでは海外で人気のピル(避妊薬)を処方箋なしで購入することができます。薬通販のAIDで取り扱っている性病の治療薬は数十種以上あり、代表的な症状に効く薬が販売されています。